読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悠々談談

日々思うことを、つらづらと

右翼ってなんなんだろう

 右翼、保守というと、明治憲法をあるべき姿とみる政治的思考と思ってしまうが、でも、実際は米国べったりだったりする。その一方で現行憲法は米国からの押しつけだという。

 そして、儒教的思想など文化的連続性が強い中国、韓国を排斥する。

 そうそう、アジア諸国は旧正月をメインに祝うのに、日本だけは、西洋暦のお正月を、凍えながら、初春と祝う。

 

 結局のところ、右翼というのは、戦後のリベラルに対するアンチという立ち位置でしか、自らの存在を語っていないのではないか?ある意味、敗戦とともに、進駐軍に歓迎の意をしめす、右翼とみられた連中が、みんな米国の手先になってしまう。理念がないから、そうなってしまう。

 

 安倍首相は、右翼政権といわれるが、米国がやってほしいと思われることを忖度しながら政治をしているだけで、理念のかけらも感じない。そして、その政権が支持されているというのは、日本の政治、民主主義の質が根本的に問われている時と言わざるをえない。

 残念ながら。