悠々談談

日々思うことを、つらづらと

庶民の家計と国家財政の違いってなんだろう?

 能登半島地震、いろんなところが義援金を募っている。連日のようにラジオでは呼びかけが行われている。そして、これまでも地震や災害のたびに義援金が募られた。庶民がいくばかりかのお金を寄付してきている。それは昨今の地震に限らない。ずっとそうだ。

 

 そしていつも思うことがある。

 

 日本は地震の多い国だ。台風だって必ず災害が発生するし、線状降水帯のための豪雨は今年も発生するだろう。そしてその度に義援金。こういう特別な災害はどうしようもないからという意見もあろう。でも、家計で考えるとどうだろう。日常の生活費は給料で賄い、その中でいくばくかを将来に備えて貯金する。それでも家を買うとか、大きな買い物をするときは、金融機関で借金する。いわば、生活費とは違う次元で捉えている。

 それと同じで、毎年の風水害についての復興は経験値から発生する風水害については損害額を見込んで予算化することはできないのだろうか?地震だって、ここ50年の間に神戸淡路島、東北、熊本、能登と日本列島は経験してきた。そこから復興予算がどれくらいの規模の地震ならこれくらいかかる、とか、予想、計上することはできるのではないか?

 

  そして被災地区のインフラは国家予算で賄う。義援金は被災家族への給付金など、ここ個人のそれぞれの生活を支える目的で使う。余れば次の何か起きた時に使う。何もなければその資金はキープしておく。それをバラバラに実施するのではなく、災害対策庁のようなものを作り、いつでも稼働できる体制と予算を保持しておく。そこに義援金も集中させる。そして避難所設営の資材とノウハウを蓄積させ、近隣諸国で同じような災害が発生すればそこから人と資材を送り出す。自分は首都圏直下型、東海地震よりも南海トラフが襲えば西日本は壊滅的被害となり、日本という国が立ち行かなくなる恐れも出てくる。そういう意味においてもこういった災害対策組織は必要でないか?

 

 もっとも今の政権でそう言った抜本的な改革ができるかといえば難しいだろう。地震風水害よりも何処かの国から飛んでくるロケットの方が心配らしいからねえ。

映画「ボーは おそれている」を鑑賞しました

 大いにネタバレありです。

 

 たいへん面白い映画だ。

 と言えるのは一回見て、頭が混沌としてきてレビューサイトやアトロク2のPodcastを聴くと、合点がいったりするのだ。そして、面白い映画だと思う。

 

 二回目に見た時は視点も変わり、余裕を持ってみることになった。ある意味で、コメディとしてみることができるようになる。

 結論的に言えるのは、息子を溺愛するママが息子の人生を狂わせてしまった映画ということ。それに尽きる。

 そしてストーリーの肉付けを、コメディで行う。

 

 2回目を見ていうのもなんだが、アリアスター監督作品はなんだかわからない余韻に浸れる鑑賞一回が良いような気もしてきた。2回目の鑑賞後の感想。

 

4000万円と永久不滅政権

 4000万円といやね、マンション買うためにローン組んで30年毎月庶民が毎月給与から返済していく元本と同じくらいの金額。

 その4000万円。キックバックかなんだか知らないけど、もらっていたけど記載してなかった。直します。これで終わり?庶民が30年かけて返済するお金。

 長期政権は腐敗するという言葉がある。結局のところ、自民党民主党政権時野党になったが、全く反省もなく、与党に返り咲いた。そして安倍政権になってしまった。長期政権の膿を覆い隠してさらに膿を進化させているとしか思えない。

 

 自民党政権がおかしいのはごもっとも。でも、有権者も悪い。かつて森元首相が在任時、有権者は寝ててくれればいいと嘯いたことがある。そして確かに低投票率が政権維持に貢献している。

 

 では、なぜ投票率が低いのか?投票に行かないのか?ひとえに、政治が自分たちのものという意識が希薄なのではないかと思う。投票に行く人でその口実に行っても変わらないからというのがある。その人が今の政治に満足していれば与党に投票すればいいのだし、嫌なら野党に投票すればいい。それが、庶民がもつ権利なのだ。でもそういう意識がない。

 

 小泉政権とか民主党政権の時は投票利率も上がった。それは連日、ワイドショーが取り上げて、ある意味お祭りのように盛り上げたので投票に行く人が増えた。古くは社会党が国会で勝った時、土井たか子が「山が動いた」と言ったが、それも連日ワイドショーが報じたからだった。それを、中立だ、なんだといちゃもんつけて選挙期間中のメディアでの政治の露出を狭めてしまった。これは大きかった。

 

このままでは、永久不滅政権である。

 

 

 

 

 

 

いびつな円安と株高

株高で4万円に届こうとしている一方で、円安は加速して150円台。

普通、経済が好調ならば株が上がり、円高が進む。海外でモノが売れればドルが手元に残り円決済のためにドルを売るから円高になる。業績いいから株も上がる。

 

しかし、そうなっていない。昨日のニュースでGDPの順位がドイツに抜かれて4位になったとあったが、株価がこれだけ上がってるのになぜ順位が下がるのか?

外国人の日本株の買いが多くなっているのなら、円高になってもいいのになっていない。

 

これは見方を変えれば本来ならば1ドル300円、400円になるところに、世界の巨額マネーが東京市場に注目しているから円安にブレーキがかかっていると見ることもできるのかもしれない。それでも150円だ。自分が社会人なりたての頃は70円台という円高の頃もあったから、円の価値は半分になったということになる。

 

ちっとも良くならない経済の体感、進む円安。なのに株高。バブルが崩壊した時のように世界の巨額マネーが日本から手を引いたら、円安、株安ということになりかねない。新NISAはそんな株式市場を、まるで太平洋戦争の時米国のB29を竹槍でやっつけようとしたみたく、株式市場を国民の虎の子を使って支えるというとんでもない愚策にも思えてくる。そして懸命な人は米国株に走り益々円安が進む。

 

まるで昭和20年7月のような、経済敗戦確定の心持ちではないか。

 

 

英語

 生まれ育った広島県呉市広島市含めてミュージシャン、音楽関係者が多く育っている。坂田明小林克也矢沢永吉浜田省吾西城秀樹などが記憶に明らかなんだけど、多くのミュージシャンが出てきたのは、岩国の米軍基地の影響が大きいのかもしれない。基地そのものではなく、岩国基地から放送されてたFEN(現在はAFN)が聞けた影響もあるような気がする。私もよく聞いていて、土曜日午後、伝説のディスクジョッキー ウルフマンジャックのアメリカントップ40はわからないなりに、‘土曜日午後のお楽しみにしていた。

 そんな街に育った私だが、音楽には疎かった。音楽の方向には行かなかった。そのかわり、FENをかけっぱなしにしていてニュースとかなんのニュースだろうと聞き耳をたてていた。そして、さらに発展。当時流行していたBCLという趣味にハマった。海外放送を聞いて、受信報告を送り、その地のベリカードという受信確認記念の絵葉書といろんなグッズを送ってきた。受信報告と言っても最初は男性の声、女性の声とかしか書かなかったが、聞いているうちにニュースであることがわかったり、具体的なことがわかるようになった。

 中学校の頃から、こんな趣味を持っていたから、英語の授業は面白くなかったが、英語そのものは好きだった。呉という街は田舎の街だったが、駅に行くとJapanTimesやそのほかの英字新聞もあった。その中に、アジア圏の英語放送のスケジュールが書いてあったりして、それに合わせてラジオのダイヤルを合わせたものだ。

 私は学校教科としての英語は嫌いではなかったが、好きではなかった。そのせいで、大学受験も1浪したが、ただ、英語の基礎力はその時形作られたように思う。語彙などはその時の習得がいまだに残っている。そして映画も好きだったが、経理会計の世界に入り、偶然にも外資系の扉を開けてしまった。それからはOJTで英語を磨いていった。英語を話すことで違う価値観の人と触れ合うことができ、自分の価値観、世界観に影響を与えていったのは確かだと思う。

 

 ちなみに最近はアプリで昔のFENにあたるAFNスマホで聞いている。

 

不器用な生き方

 自分は不器用な生き方をしてきた。みんながやっていること、それに倣うことができなかったのだ。特に学校というところは、集団で何かをやらされる。その行為が好き、嫌い関係なく。着いていけないとポジティブな評価がもらえない。当然、器用なら無理してついていけたかもしれない。しかし、それが自分には難儀だった。その究極が体育で、自分は苦手だった。人の流れに沿って歩くことができないから、いろんな競技で自分のチームが負けてしまう。でも、高校を出た段階でそれは諦めた。合わせようとすると逆に苦労する。自分を通すことのほうが楽。

 そんなことを思ったのは、「バブル文化論 原宏之著 慶應義塾大学出版会」を読んだからだ。

だ。

 https://amzn.asia/d/ecpAJki

 

   なんて言うんだろう、自分は大学に78年に入学し、84年に卒業した。80年代のバブルという空気は察知はしていたが、その頃の「遊び」には興味関心が元々なく、むしろ、バブルの頃は表舞台に出ていなかった膿が滲み出てきた末期から崩壊後に、自分の不器用さが苦じゃなくなった気がする。そしてその頃のドラマが「ふぞろいの林檎」。正直言って、東京の大学は今もそうだし、一昨年の映画であった「あの子は貴族」。東京の高校、あるいは附属、系列校から上がってきた学生は横のネットワークがしっかりとできていて、地方出身者は最初から大学生活で遅れをとる。東京での生活もそうだ。渋谷、新宿が我が庭のように歩ける。そして就職も高校時代からの先輩の縦の流れもあるから上手く事を運べる。

 もちろん、器用であれば地方であってもなんとか、うまくやって行けるんだろうと思う。しかし、自分は根っからの不器用だから、そんなことはできない。だから、ぴあを買って、時に日刊アルバイトニュースを買ってアルバイトしながら、都内の名画座巡りをした。

 

 だからこの本に出るようなこと、80年代文化は縁がなかった。ディスコも行ってない、一度だけロックコンサートに誘われて行ったが、席を立って踊るということができず、それ以降は行かなかった。

 やりたいことだけをやればいい、そう思った。就職は映画会社。もはや斜陽の代名詞のような業界だったが、その時専務が私のシベリア鉄道の旅の話がいたく気に入って採用になった。新聞社を受けた時も、このシベリア鉄道の話、正確にいうと北京発モスクワ行きの国際列車に乗った話なのだが、後で聞いた話、こいつは「アカ」と認定されたらしく、不採用。地方紙であったが、その風評で他の新聞社も面接まで行ったけど落ちた。落ちた当初は落胆したが、自分はそもそもそういう既存の価値観にとらわれない性格だし、無理に器用に会社の求める方向に自身のベクトルを合わさなくてもここまで生きて来れた。

 

 今、昭和、平成と続いてきた価値観が転換を求められている。

 

 そういう意味で、自分は身の丈を社会が、会社が求める方向に無理に合わすことなくきたことが、じっと自分の立ち位置を変えないでいたことが、とりあえず、自分の残りの人生に不安を持たずにいられるところにつながっているような気がする。

トランプ大統領再選を支持する

 トランプには、アメリカファーストに対する批判が多い。しかし、歴代大統領はみんなアメリカファーストだ。NATOや、アジアだと日本、韓国と条約を結び、米国の利益のためにいつでも動けるように、米軍が駐留し続けている。日本は、最高裁自衛隊にまつわる判決前に大使が最高裁長官のところまで行って判決に釘を刺しているのに、日本はなんら非難、抗議しないこともあった。

 

 トランプはお金の面から、海外に基地を維持し続けるのは負担が大きくやめようととしていた。世界の警察を止めるとも。

 

 これは喜ばしいことではないか。最近書いたブログのなかで、集団的自衛権は百害あって一利なしと書いた。結局、アメリカが戦争始めたら、同盟を結んでいたら、いかざるを得なくなる。しかし、それがなければ、一対一の戦争に過ぎないことになる。第三次世界大戦も起きない。

 

 要は、戦争のタネを撒き続けてきたアメリカが、それを撒くのをやめれば、その国、その民族に合った政治を行うことができるようになる。

 

 アメリカの民主主義が、大正解ではもはやないのは明らかなのだ。アメリカがアジアから手を引けば、国同士の小競り合いはあるかもしれないが、世界大戦にはならない。

 

 そういう意味で、アメリカファーストで、前の任期で海外駐留米軍の撤退を言っていたトランプが当選すれば良い。

 

 そうすれば、日本の政治家、外交官も自分の頭で外交をしなくてはいけなくなるからね。