読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悠々談談

日々思うことを、つらづらと

政治の劣化の原因

安倍政権の暴走は、革新と言われた勢力が、本気で政治をおこなわず、自民党に反対することによってのみ、その存在感を国民に誇示、やるべきことをやらなかったツケを、いまは、リベラルといわれる人がそのツケを払わされている。

憲法改正社民党社会党時代から反対のスタンスだが、それは悪いとはいわない。たしかに、自民党にはそれが圧力として政策に変更を加えることができた。

しかし、いまや、海外に本格派兵の時代になろうとしている。それはなぜか、社会党が本気で9条を守ろうとしなかったからだろう。

あの頃、自民党に対抗して9条をより厳格な改正にもっていくことも選択肢としてあったはずだし、当時であれば、革新系の知事が選ばれたりしていたことを考えると、自民党改憲志向を潰す事も出来た。そういうアクションを起こしていれば、安倍政権の暴走もなかったかもしれぬ。

でも、昔のことをいまさらいっても仕方がない。リベラル勢力とよばれる党派は、より、理想形に近い形の改正案を出したらどうだろう。曖昧な解釈を許さない改正案を。

もちろん、そこでは議論は沸騰するだろう。でも、そういう議論こそ、国民の間で必要なのではあるまいか?