読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悠々談談

日々思うことを、つらづらと

総選挙になった

 安倍首相は、自公で過半数とハードルを下げた。これは、実際自民党がおこなった世論調査でおもったほど議席がのびないことが背景にあったのは想像に難くない。

 実際、安倍政権になって国民に我慢を強いる政策ばかりが続いた。消費税10%アップは誰しも反対だから、安倍政権としては、消費税増税を目論む財務省に反対して増税を延期したとでもいいたいのだろうが、これも所詮ポーズにすぎぬ。

 次はもう延期もない。

 新聞に軽減税率を適用を匂わせて、安倍失政を書くペンを鈍らせる。そして確実に増税に導く。その間、足りないお金は国債を刷る。日銀はそれを買い取るためにお札を刷る。財務省だって、このあたりはお見通しだろう。

 そして安倍晋三の政策ボックスなかには、経済はかけらもない。自衛隊の国軍化と憲法改正。この選挙で勝てば一気に突き進んでくる。日銀のやるべきことは、景気下支えの時間稼ぎ。激痛をおさえるためにモルヒネ注射にすぎぬ。激痛の根本原因の治癒は先延ばし。

 そにおあたり、国民はもうお見通し。前回の総選挙だって、野党の共倒れに救われただけ、圧倒的支持で勝ったわけではない。その時眠った無党派層が目覚め、野党共闘がすすめば、最悪、伯仲国会にはなる。

 

 否、ならねばいけない。